書き換えを防ぐ方法|壊れた外付けhddを復旧|業者でデータ集め
ウーマン

壊れた外付けhddを復旧|業者でデータ集め

書き換えを防ぐ方法

オフィス

USBメモリと書き換え防止について

最近では記憶容量の大容量化や低価格化、多くの機器で接続して利用できることから、USBメモリを記憶媒体として利用するケースが増えている。 このUSBメモリについては、何度でも繰り返し書き込んだり読み込んだり、またUSBメモリ内のデータを消去したりできる。 しかし、用途によってはUSBメモリに書き込んだ内容を消されたくないケースがある。例えば、USBメモリにソフトウェアなどを書き込んで販売するようなケースでは、内容を消されたり書き換えられたりしたくない場合がある。 このような場合に利用できるのが、USBメモリのROM化サービスである。ROM化とは、読み取り専用のメモリとすることであり、ROM化することで消去や書き換えができなくなる。

ROM化とそのサービスについて

最近では、音楽や映像、ゲーム、アプリケーションソフトなどをUSBメモリに書き込んで販売しているケースが増えている。これらを販売する業者では、通常はUSBメモリに対し、ROM化を行った上で販売していることが一般的になっている。 このROM化を行う場合には、いくつかの方法があるが、専用のソフトウェアを購入することでも施すことが可能になる。最近では、これらのROM化ソフトウェアも販売しており、比較的手軽に行うことができる。 また、USBメモリにコンテンツを格納し、ROM化した上で販売するような場合には、大量にそれを行う必要が出てくる。このような場合には、ROM化を含めて書き込みを行ってもらえるサービスもあり、これらの利用が便利になっている。